山形市求人情報サイト ジョブっすやまがた

愛和建設株式会社

企業PR

若いうちから活躍できる愛和建設。山形のリーディング・カンパニーで腕を磨こう!

当社では30代・40代が中心になって責任のある仕事を担当しています。施工管理というのは現場の責任者。一つの現場の監督ですから、もっとも重要な立場にあるわけです。20代でも仕事を覚えればそのポジションに就くことができます。とてもやりがいがあり、現場の数をこなしていくと自ずと人間的にも成長できますし、やがては会社を動かすような中心的な人間になることも可能です。責任あるポジションに若いうちから挑戦できるのは、当社ならではの特徴だと言えます。 それからハード面の特徴としては、プレハブの自社工場を持っています。鉄骨工場と木工場も併設。そこでは主に軽量鉄骨の建築を自社設計・施工しています。昔のプレハブはパッケージ規格商品でしたが、現在はほとんどがオーダーメイドで、デザイン性も品質も高くなり、言われないとわからないほどのレベルに達しています。 震災時には、沿岸部への仮設住宅が急遽必要となり、当社ではいわきと南相馬に鉄骨を納めました。 施工管理の仕事とは現場の管理をすることで、具体的には工程管理と安全管理、原価管理の3つが基本となります。当然ながら決められた工期の中で、お客様に最高のものを提供する。それぞれの工程ごとに職人と円滑なコミュニケーションをとり、安全に効率よく作業が進行するようにディレクションして、ベストな建物を実現しています。 新入社員はすぐに各部署へ配属されるのではなく、3カ月間は新入社員研修として内外の研修を受け、それぞれの部署や各現場・工場などを回り、仕事の一通りの流れや会社の概要などの教育を受けます。その後もいきなり施工管理は無理なので、先輩の現場監督のもとでサブとして管理の仕方を学んでいきます(現場で一作業員として働くことはありません)。実績を積んで施工管理の資格も取得できるように会社としてバックアップしています。 なんといっても元気のある人に来ていただきたい。前向きでくよくよしないポジティブな人がいいですね。手ごたえのある仕事が待っていますので、山形出身の方やご縁のある方との出会いを楽しみにしています!                        取締役 管理部長 島貫 隆義 (一級建築士・一級建築施工管理技士)
会社風景ギャラリー
PR動画

社員の声